©2019 by ナチュラルセラピーゆらゆら. Proudly created with Wix.com

ゆらゆらの施術について

★★☆ 効果が出るのは理由(ワケ)があります ☆★★

  1. 看護師視点の『問診』から始めます
    ナチュラルセラピーゆらゆらでは、症状だけ聞いてすぐに施術に入ることはいたしません。まずはじっくりと、あなたの症状や状況を詳しく伺ってから的確な判断をします。また、問診時は当院独自の「カウンセリング法」を行いますので効果が格段に上がります。
    病院に入院した患者様に最初に接するのは看護師です。看護師は、SOAP(S:主観的情報、O:客観的情報、A:アセスメント・分析、P:プラン・看護計画)に基づいて患者様の援助を決定しています。それと同じ論理で、まずは『問診』でしっかりとお話しを伺い患者様に、施術の内容・効果・継続などのすべてを納得していただくことを重視しています。

  2. 施術の前に必ず『検査』をします
    ナチュラルセラピーゆらゆらでは、「はい、ベッドに横になってください。」と言ってすぐに始めるようなことは致しません。まずはしっかりと検査をして体の変化を確認してから、身体や施術の内容の説明をし、納得いただいた上で施術に入ります。そして、施術後にも『検査』をしてご自身の身体の変化をきちんと把握していただきます。

  3. 国家資格・認定資格を取得したプロフェッショナルです
    「正看護師」・「内視鏡技師資格」「セロトニン活性協会認定資格」・「DRT協会認定資格」を取得し、それぞれの団体・協会が主催する学会や研修に参加し日々自己研鑽に努めています。
    単に独学で専門知識を学んだだけではなく、各分野の第一人者の先生のもとで研修やセミナーを受講し認定資格を保持しています。

  4. 主訴を追わない
    肩こり、腰痛、首の違和感、それぞれ痛みや違和感を感じる場所はピンポイントです。痛みや違和感を感じる箇所を揉んだり叩いたり、また肩や首や腰を回したりして痛みを解消しようとするのは自然な行為です。でも、一時的に痛みや違和感が解消してもまた翌日には同じ痛みや違和感を感じてしまうなら、根本的な改善にはなっていないということです。
    長年、看護師として患者様を看てきた経験と、私が師事する「DRT」と「セロトニン活性療法」では、体の様々な不調に対して必ず根本的な原因があると考えて、患者様が訴える主訴を追うのではなく、隠れているいる本当の原因にアプローチすることを目的としています。

 

セロトニン活性療法

脳を活性化させ全身と頭蓋骨の歪みを整え、自律神経のバランスを整える施術。

DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)

5分間背骨をゆらすだけで身体の不調が改善していく施術。